About the Project

The project’s title is The "Constitution" of Postwar Japan, adopting the double meaning in English of the word constitution, as a nation’s basic code of law on the one hand, and the related elements that make up its character, on the other. Our research uses debate surrounding Japan’s basic law code as a springboard for broader investigations of the issues shaping contemporary Japan. Professor Keigo Komamura (Keio University) and Professor Helen Hardacre (Harvard University) are the project's co-directors.

The "Constitution" of Postwar Japan originated under a 2015 agreement for joint research linking the Constitutional Revision in Japan Research Project of the Edwin O. Reischauer Institute of Japanese Studies at Harvard University and the Faculty of Law at Keio University. The first three years included two Workshops at Keio and concluded with a Conference at Harvard on the 70th anniversary of the promulgation of Japan’s constitution, as well as preparatory consultations, study sessions, and meetings to assess the current state of debate in Japan regarding the constitution and issues related to constitutional revision.

Joint research is continuing, and planning is currently under way for a further two to three years of coordinated study. Other sections of this website contain essays and reports based on the research conducted thus far.

This website will house information on our joint research program, including its personnel, activities, and research results. To the greatest extent possible, information will be provided in both Japanese and English. This site also contains a link to the web archive and related research materials of the Constitutional Revision in Japan Research Project, where users will find a variety of materials relating to the issue of constitutional revision in Japan.

2015年5月、ハーバード大学ライシャワー日本研究所の日本国憲法改正研究プロジェクトは、慶應義塾大学法学部と「戦後日本の "かたち"」と題した3年間の共同研究プロジェクトに合意しました。ここで、「かたち」には、二つの意味があります。ひとつは「国家の基本を定める法」、そしてもうひとつは「国家の性質を形成する諸要素」です。当プロジェクトの目的は、日本の根本規範をなす法をめぐる議論を足がかりに、現代日本を形成する諸問題を検証することにあります。プロジェクトの共同ディレクターは駒村圭吾教授(慶應義塾大学)とヘレン・ハーデカー教授(ハーバード大学)です。

最初の三年間については、一年目・二年目は慶應義塾大学で、三年目はハーバード大学でワークショップを行いました。2017年の三度目のワークショップは、日本国憲法施行70周年という記念の年の開催となりました。また、ワークショップの他に、定期的に勉強会、研修会などを開き、日本における憲法、及び憲法改正に関連する議論を多角的な視点から検証してきました。レポート、論稿など、これまでの研究成果は当ウェブサイトで公開しています。

当プロジェクトは更に二・三年の延長が決まりました。当ウェブサイトでは、プロジェクトメンバーの活動、研究成果を含め、共同プロジェクトについてのさまざま情報を日本語・英語の両方で発信していきます。なお、当ウェブサイトとリンクしているハーバード大学ライシャワー研究所日本国憲法改正研究プロジェクトのウェブサイトでは、日本における憲法改正論議を研究する上で有益と思われる関連資料の収集、データベースの作成、それらの公開を行っています。

Harvard Constitutional Revision Research Project Website:

Constitutional Revision Research Project